TRソーラーハウスは、地球環境と人類と動植物みんなの未来を明るくできる家です。

地球温暖化について、H21、12、6、③

投稿日 : 

今後どうなるのか

世界

①発展途上国で、予想される大洪水。海面の上昇による。

例 バングラディシュー2080年までに毎年の被害者が、数百万人ずつ増えると予測

②食べ物が不足する可能性

降水量が、減り乾燥化による干ばつ。

③ハリケーンや、熱波が、頻発し、巨大化する予測。

④生態系が大きく傷つけられる可能性。

動植物種の約20~30%は、気温の上昇が1.5~2.5度を、超えた場合に、絶滅のリスクが増す

と言われている。

日本

①健康被害

熱中症の患者が急増

夏ばて

蚊が媒介する感染症ーデング熱、マラリア、日本脳炎

②海面上昇に、よる高潮被害

中国、四国、九州ー2000年・・・29万人規模~2100年・・・137万人に拡大

③気象が極端になる傾向

梅雨が長くなる

豪雨の、頻度が増える

④冬の積雪量が減るため、春の雪解け水が減る

田植えに支障が出る

④生態系への影響

森林への打撃ー白神山地のブナ林(世界遺産)が、2100年に、消滅の可能性

動物の飢え死に

高層湿原の乾燥化による環境破壊

 世界や、日本では、以上のような事が、予測されます。